毎日明るく医療用ウィッグ

医療用ウィッグを徹底解説!

医療用ウィッグの種類

医療用ウィッグの種類 医療用ウィッグに使われている材質によって種類がわかれます。
人毛と人工毛そしてミックスがあります。
人毛は人の毛が使われていて価格は高めです。
耐久性がありカットやパーマもすることが可能です。
ドライヤーやカーラーなどアレンジもすることができ、プラスしたおしゃれを楽しむことができます。
洗うとスタイルキープが難しいためセットするために手間がかかります。
人工毛は値段が安くスタイルも崩れにくいというメリットがありますが耐久性に弱いデメリットがあります。
熱や摩擦に弱く毛が縮れやすいです。
ミックスは価格は人毛と人工毛の中間にあり、手入れが楽で洗ってもスタイルの崩れにくさがあります。
ロングスタイルには向きませんが、人毛のようにカットアレンジも楽しむことができます。
医療用ウィッグには既製品とセミオーダー、フルオーダーから選ぶことができますい。
既製品は1万円からと手軽でカタログを見ながら選ぶことができます。
出来上がったスタイルで選ぶため毛量や長さの調整、サイズ調整ができません。
セミオーダーは8割ぐらい出来上がっていて自分の気に入ったデザインやサイズ、色を選んで自分の希望のスタイルにセットすることも可能です。
自分の頭の形にも合わせることができます。
価格は5万円からです。
フルオーダーは毛の質やスタイル、色など自分の好みに注文することができますが、30万円以上からと高額です。

様々な長さから選べる医療用ウィッグ

様々な長さから選べる医療用ウィッグ 頭皮の一部を隠すためのウィッグを探しているけれど、髪の毛がとても長いために、自分の髪型に合う製品が見つからなくて困っている人もいます。
そんな悩みを抱えている人たちを助けるために、かなりの長さの人工毛で医療用ウィッグを作り上げているメーカーも増えてきました。
全長や重量などの詳細なデータも公開されていますから、そのデータを参考にしながら、自分の髪型に似合う製品を探してみてください。
メンテナンスを簡単に済ませる事ができますから、とても長い人工毛で作られた製品であっても、医療用ウィッグの手入れに苦労をする事はありません。
通気性にも優れているので、人工毛が長い製品でも頭皮が蒸れる心配もなく、夏場も快適に着用していられます。
仕事中ずっと医療用ウィッグを着用しているつもりであれば、通気性の違いは入念に比較しておく事が重要です。
ヘアカラーも複数用意されているので、美しい茶髪のロングヘアーの髪型にしたいという時にも、医療用ウィッグは役立てる事ができます。