感じる女性の共通点 性欲をコントロール

 

感じる女性の共通点

セックスでエクスタシーやオーガズムを感じることのできる女性と、そうでない女性がいます。絶頂を体験したことのある女性からは体験したことのない女性には「なんてかわいそう」と思われています。

 

女性は性的絶頂を得ているときに人生の幸福を感じるホルモンが大量に分泌され、体調や精神面に様々な良い影響を与えるのです。

 

ここでは感じることができる女性とそうでない女性の違いについて説明していきたいと思います。

 

女性の性欲は外的要因によって引き出される

 

性欲のエネルギーの源は、というホルモンです。

 

一般的に男性はそのホルモンを24時間ずっと体内で生成しては、睾丸にせっせとため込んでいるのです。

 

しかし、睾丸にも許容限界があり、男性は日夜生成される性欲ホルモンの排出欲求があり、このやむにやまれぬ欲求がすべてに優先しているのです。

 

男性がすぐにセックスをしたくなるとの、そのことの一つの要因だと考えられています。
もちろん女性もいきなりセックスがしたくなるということがないこともないですが、その確率は男性のそれと比べるとはるかに少ないです。

 

ちなみに、人間の睾丸はほかの霊長類である、ゴリラやオランウータンに比べると、体重に対する比重ははるかに大きく、ゴリラの4倍以上もあるのです。

 

ゴリラやオランウータンも性交に快楽が伴う種族です。

 

女性もこのアンドロージェンを副腎皮質というところから出して、体内に蓄える機能がありますが、男性のそれと比べると、その生産量はとても少ないです。

 

そのため、生理学的には、女性は男性に比べると自発的に性行為をしたいと考えないということが言え、女性をその気にさせるためには、男性が女性に性的な刺激を与えない限りはじめのスイッチが入ることは少ないのです。

 

 

女性がその気になる二つのカギ

 

男性にも女性にも、エッチしたいなと思う、その気になるというステージに上がるためには開かなければならない鍵があります。

 

誰だってそうだと思うのですが、集中して仕事している時にいきなりエッチをしたいなどと考える人は少ないです。

 

男性にはそのカギが一つだけで、正しいやり方で愛撫してあげればすぐに鍵が開いて興奮して勃起します。
もし、男性に愛撫しても勃起をしないなどED気味ではと感じる場合は早めにED治療薬で治療をしましょう。まだまだ、大丈夫などと根拠のない自信を持っているなら早めにその自身は捨てましょう。

 

EDは、早めの治療が大切です。参照:ザイデナをお得通販@ザイデナの評判と効き目

 

女性の場合はそのカギが心にあります

 

ひとつは体についていて、もう一つはココロについていますどんなに男性が心についているカギをこじ開けようとしても、ココロについている精神的な愛と信頼というカギを開かなければ女性はその気にはなりません。

 

男性は体に性的刺激を受けるとすぐさま興奮したりしますが、女性は体を愛撫されたからといってすぐに興奮したりするわけではありません。

 

女性には妊娠、子育てというリスク化があるために、体への愛部だけではその気にならない仕組みになっているのです。

 

男性はしばしば体への愛部のカギだけを使って、扉をこじ開けようとします。しかしその多くの場合女性の方が中々その気にならず、首をかしげる人もいます。

 

それは、もう一つのカギを空けようとしていないからなのです。

 

ココロのカギを空けるには、女性が愛されて、大切にされていると感じるココロの前戯を行う必要があります。

 

心から感じることができていても不感症や膣が濡れにくいと悩んでる女性もいます、女性用バイアグラも最近アメリカで認可されました。

 

男性用の勃起薬バイアグラは10年以上前に販売されて今ではシアリスやザイデナなど様々なED治療薬が開発され販売されています。女性も気軽にバイアグラを変える時代になってほしいものです。

 

男性から本気で愛される女性になろう

 

あなたは男性から本気で愛されるための努力を何かしていますか?

 

男性の中には女性からセックスが「上手だわ」「すごい」「別れられなくなっちゃう」などの称賛を得たいがために、ペニスを金冷法という鍛え方で、長持ちする工夫をしている人も少なくありません。

 

見た目をかっこよくするために、包茎手術をしたり、赤外線で赤黒くしたり、硬さを長く維持できるように、ぬれタオルをペニスの竿にかけて鍛えている男性もいます。

 

なぜこんなにも涙ぐましい努力をするのかというと、女性のモテたいのと同時に、ほかの男性に負けたくないというのがオスの本能だからです。

 

男性は、自分の女性が清純だとは思ってはいません。それがなぜわかるかというと、自分が何人もの女性とセックスを繰り返してきたからです。女性が清純であればアルルほど、セックスを断られ続けて当然ですが、断るにしても、清純性を守るためでなく、魅力がない時分好みでないという理由で断ってきます。

 

明らかに女性は、時期をずらして複数の男性と付き合っているのであって、男性の用に同時に何人もの女性と付き合わないだけの話です。

 

そこで、ほかの男性に負けたくない一心で、短いペニスの男性や、白いねぎのような細いペニスの男性は、常日頃から悩んでいるのです。

 

女性の中でも恋愛と真剣に考えるタイプは、男性に喜ばれるように日常的な工夫をしています。

 

しかし上位者というのは、常に全部を露出しません。日本最高の美女というものは、外で男性とデートしている姿を見せないものです。

 

あなたも、本当に好きだ、一緒になりたい、と恋い焦がれる男性ができたときには、どこか一か所で、慎みを持つ必要があります。